The Gents 無事帰国。皆様、有り難うございました!

アルケミスタがサボっている間に、皆様、書き込みをいただき有り難うございます。

主催者が言うのもなんですが、素晴らしかったですね!
今回の公演では、4月23日のすみだトリフォニー公演をNHKがTV収録しました。
放映日が決まりましたら、ここでお知らせします。

また来日中、リーダーのペーター・ダイクストラが月刊「ぶらあぼ」と「音楽の友」のインタビューを受けました。そのインタビューを横で聞きながら、また打ち上げの席でメンバーと話しながら、分かったことがいろいろあるので、ちょっとお話します。

まず、メンバーはペーター以外は皆アマチュアなのです!
あのクウォリティを聴いてしまった後、やはり驚き!ではないですか?
仕事柄、いろいろプロの合唱団を聴いていますし、仕事でも今や日本を代表すると目されている合唱団のマネージャーも長く勤めましたが、The Gentsの「合唱団」としてのアンサンブルの緻密さ、キャラクターの魅力、表現力にはずば抜けたものを感じます。

個々のメンバーの職業もいろいろで、ホテルのオーナー、プログラマー、リサーチャー、大学の先生、大学生など等。テイーンエイジャーもひとり。

彼らはThe Gentsの活動から生活のためのお金を得る必要がなく、The Gentsはただ歌う喜びのため、仲間とワイワイするため、訪れたことのない国、大好きな国を訪れるため、そこでファンと出会い、音楽の喜びを共有するため、なのです。

行き返りのバスの中や打ち上げでは、お金を払わなくてもいいの?と思いたくなるほどの絶え間ない歌のメドレー。最後の打ち上げには、ファンの女性も飛び入りで参加されました。

できれば来年、また呼びたいと話し合いをはじめました。
ぜひ引き続き応援をお願いします。
c0054453_15261117.jpg

(C) 林喜代種 Kiyotane Hayashi

*プロフィールの紹介も若干間違いがあったのですが、「ローデン少年合唱団」は教会の付属聖歌隊ではなく、私立の団体で、ペーターのお父さんが音楽監督兼トレーナー、しかしその活動の大きな部分は、ローデンの教会のためのものだそうです。
[PR]
by thegentsclub | 2005-04-28 15:35 | 裏話?
<< The Gents Offic... 聴かなきゃ、そん?(アルケミス... >>