プログラムの詳細が決まりました!

一部未定だった演奏曲目がすべて決まりました。
昨年は「舟唄」(八代亜紀)というサプライズがあったのですが、果たして今年は・・・

Program-LUX AETERNA(10/26, 11/1)

●CD「王室礼拝堂のジェントルマンたち」より

グレゴリオ聖歌 アヴェ・マリア
ロバート・パーソンズ(c.1530-1570) アヴェ・マリア
アルフォンソ・フェラボスコ1世(1543-1588)エレミアの哀歌

●オランダのポリフォニー

ニコラ・ゴンベール(1490?-1561?)
メディア・ヴィータ
ミサ・メディア・ヴィータより「キリエ」
めでたし天の女王

●CD「Lux aeterna~永遠の光」'より
モーリス・デュルフレ(1902-1986) 我らが父よ
フランシス・プーランク(1899-1963) アッシジの聖フランチェスコの4つの小さな祈り
ダリウス・ミヨー:詩篇121が追加になりました!
パドヴァの聖アントニオの賛歌(ラウダ)

●スピリチュアルズ(黒人霊歌)
いい知らせじゃないか Ain’t that good news
イエスのもとに逃れよう Steal away to Jesus
揺れろよ、すてきなチャリオット Swing Low
私は心構えをしたい I want to be ready
聖霊が心に入ってくるまで歌います I’m gonna sing till the spirit
Plenty good room

PROGRAM~LOVE SONGS

●イングランド民謡集
リンデンの草原 Linden Lea (イギリス民謡)
きじばと The Turtle dove  (イギリス民謡)
彼女は縁日を通り抜けた She moved through the fair  (アイルランド民謡)
モリー・マローン Molly Malone  (アイルランド民謡)
ロンドンデリーの歌  (アイルランド民謡)

●オランダの若きモダニストたち
ルール・ファン・オーステン Roel van Oosten 
4つの詩(詩:ポール・ヴェルレーヌ)
ジーグを踊ろう Dansons la gigue
白い月 La lune blanche
秋の歌 Chansons d’automne
女と雌猫 Femme et chantte

●北欧の音
ヴィカンデル(1884-1955):すずらんの王様
David Wikander Kung liljekonvalje
アルヴェーン(1872-1960):海の夜明け
Hugo Alfven Gryning vid havet
クーラ(1883-1918):夕べに
Toivo Kuula Illalla
クーラ:夕べの情趣
Toivo Kuula Iltatunnelma
マンテュヤルヴィ(1963~)子供の声
Jaakko M?ntyj?rvi Die Stimme des Kindes

●武満徹 Toru Takemitsu
手づくり諺(きみの眼 / 坊主三人 / わらべ唄が蟻地獄に谺する / 露の餞(はなむけ)

●日本の歌
舟唄 函館の女 みだれ髪 他

●ラヴ・ソングズ
ビリー・ジョエルBilly Joel
Just the way you are (arr. Tijs Krammer) <solo:Dennis van der Veen>
ザ・ビートルズ
Blackbird
If I fell <独唱:Robert Kuizenga>
ライオネル・リッチー Lionel Richie
Hello (arr. Tijs Krammer) <solo:Gerben Bos>
ビリー・ジョエル
And so it goes <solo:Peter Dijkstra>
ザ・ビートルズ
With a Little help from My Friends

以上です。
[PR]
by thegentsclub | 2006-10-13 12:19 | 来日コンサート情報
<< ペーターとジェンツの最後のコン... ハイビジョンで放送されます! >>