カテゴリ:来日コンサート情報( 8 )

ペーターがオーケストラ指揮者として戻ってきます!

目白バ・ロック音楽祭2008
あなたが第一発見者! 21世紀の「巨匠」を探せ!
20代で合唱芸術を極めたペーター・ダイクストラが、オーケストラ指揮者として日本デビュー!

日本フィルハーモニー交響楽団演奏会
ワーグナーと吟遊詩人&シベリウスの2番

ワーグナー:ワルキューレの騎行、 
ワーグナー:《トリスタンとイゾルデ》前奏曲
ワーグナー:《タンホイザー》序曲
シベリウス:交響曲第二番 二長調

指揮:ペーター・ダイクストラ
演奏:日本フィルハーモニー交響楽団

6/3(火)19時 文京シビック大ホール(1802席)
S5000円 / A4000 / B3000円 /学生2000
チケットのお申込みは, 03-3901-1573 又はオーダーフォームから

--------------------------------------------------------------------------------

目白バ・ロック音楽祭祝祭合唱団★結成記念コンサート
カテドラルに響き渡るバッハの感動

メンデルスゾーン Felix Mendelssohn Bartholdy
詩編第91 まことに主は汝のために御使いたちに命じて
Denn er hat seinen Engeln befohlen '4

ヨハン・セバスティアン・バッハ J.S. Bach
イエス、わが喜び
Jesu, meine Freude '20

ヨハン・ミヒャエル・バッハ Johann Michael Bach
主よ、われ汝を待ち望む
Herr, ich warte auf dein Heil '4

メンデルスゾーン Felix Mendelssohn Bartholdy
詩編第43 主よ、我を審(つまびら)き
Richte mich, Gott op. 78,2 '4
我が神よ、なんぞわれを見捨てたまいし
Mein Gott, warum hast du mich verlassen '8

ヨハン・クリストフ・バッハ Johann Christoph Bach
愛する神よ、われらを目覚めさせてください
Lieber Herr Gott, wecke uns auf '5

ヨハン・セバスティアン・バッハ J.S. Bach
主に向かいて新しき歌を歌え
Singet dem Herrn ein neues Lied '13

指揮:ペーター・ダイクストラ
演奏:音楽祭祝祭合唱団
通奏低音:大塚直哉(オルガン)、西澤央子(ヴィオローネ)

6/6(金)19時 東京カテドラル聖マリア大聖堂
S6000円 / A4500円 / 自由席3000円
チケットのお申込みは、03-3901-1573 又はオーダーフォームから

演奏者プロフィール
ペーター・ダイクストラ◎指揮 http://www.peterdijkstra.nl/

ペーター・ダイクストラは、29歳の若さでバイエルン放送合唱団の音楽監督に抜擢された、新世代のオランダの指揮者である。子供時代から、“神童”ボーイ・ソプラノとしてモーツァルト《魔笛》の童子やブリテン《アルバート・ヘリング》に出演、アムステルダムで行われていたバッハ・カンタータ・シリーズではグスタフ・レオンハルトの指揮でソプラノ独唱者として活躍する。12歳の時には、早くも父の指導する「ローデン少年合唱団」のリハーサル指導するようになる。

その後ハーグ王立音楽院で、指揮・合唱指揮・声楽を学び、ケルン音楽アカデミーでマルクス・クリードの元で学業を修める。以来ダイクストラは、ベルリンRIAS室内合唱団、デンマーク放送合唱団、BBCシンガーズ等ヨーロッパ第一線のヴォーカル・アンサンブルに客演。2000年の「バッハ・イヤー」(24歳時)には、小澤征爾の指揮する「バッハ:ロ短調ミサ」の合唱指導のためにサイトウ・キネン・フェスティバルに招待される。現在、オランダ室内合唱団、スウェーデン放送合唱団の主席客演指揮者を務め、2006年からはバイエルン放送合唱団の音楽監督。

特に、オランダの男声アカペラ・グループ“The Gents”のリーダーとして仕事は高く評価されており、その公演とCDは多くの音楽賞を獲得している。2002年そのオーケストラ指揮に対して、Kerjes-van-de-Groeneken Prize を、2003年にはその合唱指揮に対して、エリク・エリクソン・アウォードを獲得している。ダイクストラは、古楽から現代音楽までの“様式”を生まれながらに身に付けている、まさに新時代の代表する指揮者の“トップランナー”。モダン・オーケストラの指揮にも着々と進出しており、21世紀の「巨匠」候補の筆頭といえるだろう。
[PR]
by thegentsclub | 2008-05-07 01:43 | 来日コンサート情報

ペーターとジェンツの最後のコンサート?

c0054453_134420.jpg
皆様

The Gents は昨日(10月26日第一生命ホール)無事、来日1公演目を終了しました。

イギリス&オランダのルネサンス宗教曲、フランス近代、スピリチュアル・・・

声のバランス、イントネーション、そして男声合唱ならではの圧倒的パワーまで、「合唱団」としての実力は勿論素晴らしいのですが、The Gents の最大の魅力は、歌うことを心から愉しんでいるところ、そしてその楽しみをお客様と共有することを無上の喜びと思っているところではないでしょうか。

ツアーに同行していても、メンバーのひとりひとりのキャラが立っていて、余裕、ユーモア、茶目っ気があって、本当に魅力的なんです。

中でも際立ったキャラは、リーダーのペーター・ダイクストラ。他のメンバーと同じ年なのに、自然に尊敬を集めてしまう実力と人望。憎たらしいほど「完璧」なのですが、どこかカワイゲもあるところは、人気コミック「のだめカンタービレ」の真一キャラでしょうか?

そのペーターが、この日本ツアーを最後に「音楽監督」の立場を離れます。
バイエルン放送合唱団の音楽監督の仕事に加え、「指揮者」としてひっぱりだこで、ここ数年はジェンツに割ける時間が年々減ってきているの状況でしたが、ペーター曰く「僕はこのアンサンブルとの仕事を本当に楽しんだし、満足できるレベルにも引き上げることができたと確認している。達成感がある仕事だった。僕がジェンツを離れることを皆残念だと言ってくれるけど、アンサンブルにとっても、僕にとっても、新しいチャレンジをするんだ、とポジティブに考えているよ。」とのことでした。

後任の指揮者は何と女性!
マネージャーには「グループ名変えたら?ザ・ジェンツ・ウィズ・ア・レディとか?」と冗談を言ってますが、ペーターのいないジェンツを想像することは、なかなか難しいです。

いずれにせよ、ザ・ジェンツの、ペーター・ダイクストラとの目覚しい第一期黄金時代は、この日本公演が最後になります。

聴き逃して、後悔のないよう!

10月28日(土)19:00 周東パストラルホール(0827-84-1400)
10月30日(月)18:45 函館市芸術ホール(0138-55-3521)
11月01日(水)19:00 東京カテドラル(03-3901-1573)
11月02日(木)19:00 第一生命ホール(03-3901-1573) 
11月03日(金)15:00 びわ湖ホール(小) 完売御礼
[PR]
by thegentsclub | 2006-10-27 13:04 | 来日コンサート情報

プログラムの詳細が決まりました!

一部未定だった演奏曲目がすべて決まりました。
昨年は「舟唄」(八代亜紀)というサプライズがあったのですが、果たして今年は・・・

Program-LUX AETERNA(10/26, 11/1)

●CD「王室礼拝堂のジェントルマンたち」より

グレゴリオ聖歌 アヴェ・マリア
ロバート・パーソンズ(c.1530-1570) アヴェ・マリア
アルフォンソ・フェラボスコ1世(1543-1588)エレミアの哀歌

●オランダのポリフォニー

ニコラ・ゴンベール(1490?-1561?)
メディア・ヴィータ
ミサ・メディア・ヴィータより「キリエ」
めでたし天の女王

●CD「Lux aeterna~永遠の光」'より
モーリス・デュルフレ(1902-1986) 我らが父よ
フランシス・プーランク(1899-1963) アッシジの聖フランチェスコの4つの小さな祈り
ダリウス・ミヨー:詩篇121が追加になりました!
パドヴァの聖アントニオの賛歌(ラウダ)

●スピリチュアルズ(黒人霊歌)
いい知らせじゃないか Ain’t that good news
イエスのもとに逃れよう Steal away to Jesus
揺れろよ、すてきなチャリオット Swing Low
私は心構えをしたい I want to be ready
聖霊が心に入ってくるまで歌います I’m gonna sing till the spirit
Plenty good room

PROGRAM~LOVE SONGS

●イングランド民謡集
リンデンの草原 Linden Lea (イギリス民謡)
きじばと The Turtle dove  (イギリス民謡)
彼女は縁日を通り抜けた She moved through the fair  (アイルランド民謡)
モリー・マローン Molly Malone  (アイルランド民謡)
ロンドンデリーの歌  (アイルランド民謡)

●オランダの若きモダニストたち
ルール・ファン・オーステン Roel van Oosten 
4つの詩(詩:ポール・ヴェルレーヌ)
ジーグを踊ろう Dansons la gigue
白い月 La lune blanche
秋の歌 Chansons d’automne
女と雌猫 Femme et chantte

●北欧の音
ヴィカンデル(1884-1955):すずらんの王様
David Wikander Kung liljekonvalje
アルヴェーン(1872-1960):海の夜明け
Hugo Alfven Gryning vid havet
クーラ(1883-1918):夕べに
Toivo Kuula Illalla
クーラ:夕べの情趣
Toivo Kuula Iltatunnelma
マンテュヤルヴィ(1963~)子供の声
Jaakko M?ntyj?rvi Die Stimme des Kindes

●武満徹 Toru Takemitsu
手づくり諺(きみの眼 / 坊主三人 / わらべ唄が蟻地獄に谺する / 露の餞(はなむけ)

●日本の歌
舟唄 函館の女 みだれ髪 他

●ラヴ・ソングズ
ビリー・ジョエルBilly Joel
Just the way you are (arr. Tijs Krammer) <solo:Dennis van der Veen>
ザ・ビートルズ
Blackbird
If I fell <独唱:Robert Kuizenga>
ライオネル・リッチー Lionel Richie
Hello (arr. Tijs Krammer) <solo:Gerben Bos>
ビリー・ジョエル
And so it goes <solo:Peter Dijkstra>
ザ・ビートルズ
With a Little help from My Friends

以上です。
[PR]
by thegentsclub | 2006-10-13 12:19 | 来日コンサート情報

The Gents 東京公演のプログラム 3月23日(木)10:00前売開始 

c0054453_1942421.jpg

二公演とも、S5500円 A4500円 ペアシート10000円

◎10月26日 第一生命ホール Program A  Lux AETERNA ~ 永遠の光
【CD「王室礼拝堂のジェントルマンたち」より】
グレゴリオ聖歌:アヴェ・マリア
ロバート・パーソンズ(1530-1570):アヴェ・マリア 他

【CD '永遠の光'より】  
モーリス・デュルフレ(1902-1986): 我らが父よ
フランシス・プーランク(1899-1963):アッシジの聖フランチェスコの4つの小さな祈り
ダリウス・ミヨー(1892-1974) : 詩篇121
フランシス・プーランク : パドヴァの聖アントニオの讃歌

【スピリチュアルズ】
よい知らせがない
イエスのもとに逃れよう
揺れろよ、すてきなチャリオット
私は心構えをしたい
聖霊が心に入ってくるまで歌います 


◎11月2日 第一生命ホール Program B LOVE SONGS ラブ・ソング 

【イングランド民謡集】
彼女は縁日を通り抜けた(アイルランド民謡)
モリー・マローン(アイルランド民謡) 他

【オランダの若きモダニストたち】 
ロエル・ファン・オーステン: 4つの詩

【北欧の歌声】 
トイヴォ・クーラ : イラッラ 他

【日本の歌】
武満徹:手づくり諺 
舟唄 他
 
【ラヴ・ソング】 
ビリー・ジョエル:ちょうどあなたのいる道
ビートルズ: イフ・アイ・フェル
ライオネル・リッチー: ハロー
ビリー・ジョエル: アンド・ソー・イット・ゴーズ   他
[PR]
by thegentsclub | 2006-03-17 16:05 | 来日コンサート情報

2006年再来日日程、発表(11月1日追加公演)

お待たせしました。待望の再来日公演日程を発表します。
東京公演の前売は、3月下旬を予定しています。

10月26日(木) 東京 第一生命ホール
10月28日(土) 山口 周東町文化会館パストラルホール
10月30日(月) 函館 函館市芸術ホール(ハーモニー五稜郭)
11月01日(水) 東京 東京カテドラル聖マリア大聖堂(追加公演)
11月02日(木) 東京 第一生命ホール
11月03日(金) 大津 びわ湖ホール

お問い合わせは、アルケミスタ 03-3901-1573 まで。
[PR]
by thegentsclub | 2006-03-01 00:04 | 来日コンサート情報

聴かなきゃ、そん?(アルケミスタ・メルマガから)

21日(水)のThe Gents大阪公演は、満場のお客様の興奮のうちに終了しました。会場は、大阪市中央公会堂。やっぱり、このグループ、イケテマス。

プログラムは、すみだトリフォニーホール公演のプログラムの中から、R.シュトラウスをデュルフレ、プーランクにしたプログラムでした。

まず、1曲目のシューベルトからグループの並々ならぬ実力が伺われました。会場の中央公会堂は、美しい明治建築の洋館。近年改修されて音楽イベントにもつかわれるようになりました。http://www.nakanoshima-style.com/culture/culture2.htm 美しい内装にお客さんは感嘆していましたが、響きは比較的デッドでアカペラには不利な音響でちょっと心配していたのですが、まったくの杞憂。バランス、イントネーションが素晴らしく、ホールが実際より響いている感じがするほどでした。

続くレントヘン(オランダ人なので“ヘン”でした。プログラム、間違ってます!)では、時にR.シュトラウスかな?と思うほど妖しい後期ロマンの情緒薫る作品を、十分に濃厚に、しかし若手グループらしく鮮やかに歌い上げ、ほ~っとため息。

イギリス民謡(ヴォーン・ウィリアムス編曲)は本番をお楽しみに。

続いては最近リリースされた「永遠の光」からデュルフレとプーランク。
オランダで発売記念公演をこなしてきたこともあるでしょうが、作品を物している!という自信がにじみ出る名演。カテドラルでどんなに美しく響くか、想像しただけでゾクゾクします。

後半は武満、イギリス民謡のスタンダード、そしてビートルズ・ナンバー、かつての名カウンターテナー、ダイクストラが時々売りかえって美しいバスを披露、フレージング自在の歌に、彼の音楽家としての“格”の高さを感じます。詳しくは書きませんが、彼は時々「ボケ」もカマシ、場内を盛り上げてました。

会場のスタンディング・オヴェイションに迎えられて、アンコールはなんと八代亜紀の「舟唄」!実は19日「愛・地球博」で八代亜紀本人とファドのクリスティーナ・ブランコと「水・港」をテーマしたイベントと共演していたのです。日本、オランダ、ポルトガルは港つながりですからね。演奏と編曲は、静かに聴ければ、情緒豊かな素晴らしいものだったのでしょうが、お客さんは思わぬアンコールに大喜び、途中伴奏部分をスキャットで歌うたうとちょっとも笑いも。いや、笑いたくなるほど面白いんですけどね。

最後はスピリチュアルで、ダイクストラが「ニューイヤーコンサート」ばりにお客も指揮して、盛り上がりました。

休憩中、公演後はメンバーが会場をうろうろ、即席サイン会になりました。特に終演後の盛り上がりは凄まじかった。

いや~、楽しい公演だったと思います。自分でつけた「コピー」ですが、まさに「極上のエンタテイメント」でした!
[PR]
by thegentsclub | 2005-04-21 23:16 | 来日コンサート情報

The Gents、ブレイクの予感?

c0054453_20405677.jpg
ブレイクの予感?
月刊「ぶらあぼ」3月号の表紙をゲットです!
[PR]
by thegentsclub | 2005-02-17 20:44 | 来日コンサート情報

「のだめカンタービレ」に登場させたい「男子十六人合唱隊?」

c0054453_22094.jpg


本ブログは、オランダのア・カペラ「The Gents ザ・ジェンツ」のファンによるコミュニティです。といっても、彼らは今回はじめての来日。まだその存在はほとんど知られていないと思います。

このブログでは、チラシ等ではフォローできないThe Gents の最新情報、魅力をお伝えして、ゆくゆくはファンがレスをつけてくれるようになればいいな、と思っています。

よろしくお願いします。
[PR]
by thegentsclub | 2005-02-10 02:24 | 来日コンサート情報